2017年7月12日水曜日

Like a larks who is learning to pray.

最近告知ばかりでロクなブログを書いていませんね……。原稿がキツくてこちらに力を注げていませんでした。

たまにはまともな記事を書かないと、と思って現在キーボードを叩いております。
(こういうフレーズも今や古そうですね、イマドキの人はスマホとかタブレットで書きそう。)
ということで今日は久々に、肩の力を抜いて紹介記事を書こうと思います。

la la larksの初☆フルアルバムが発表されましたね!!!

オアアァァッッwwツイに、ツイに出てしまうヨォッwwwマンマ、マンマ、キエエエエ!

はっ、しまった、興奮のあまりカトルカール化してしまった(゜゜;)

えーと、前々からこのブログでも紹介している僕のイチ押しロックバンド、la la larksが8月30日にフルアルバム「Culture Vulture」をリリースすることになったそうです!

新アー写。謎めいています

収録曲は人気スマホゲーム『Fate/Grand Order』のテーマソングで、坂本真綾さんにla la larksが提供した「色彩」(なんとこのアルバム限定で真綾さんがコーラス参加!)など、全12曲。

彼らは今までほとんどリリースをせずツイッターもやらず、ストイックにライブ中心の活動をしてきました。ゆえに今回の収録曲はライブではほとんど披露していて、僕はほぼチェック済みです。その経験から保証します。

どの曲もメチャクチャカッコイイです!

スピーディーなアップテンポの曲にも、大人っぽいメロウな曲にもどこか未来的な/将来に向けた光のようなものを感じせるのがla la larksの特徴だと思います。



上はアルバムのリード曲「Massive Passive」のミュージックビデオ、ショートバージョンです。音・動画・歌詞どれも――サビの“かりそめの価値を あるがまま強く抱いて 今生きてる”という言葉は特に=今のla la larksの見ている地平を正面から伝えてくれるような曲だと思います。

リリースツアーも告知され、チケット先行販売も実施中です!なんと先行で買った人にはメンバー直筆サインをプレゼントしてくれるそうです。

これまでの活動からも察せられるように、彼らはライブにとにかく重きをおいています。気になった方はぜひライブに足を運んでみてください!!公式サイトはこちら。

2017年7月10日月曜日

シュピーゲルイラスト募集企画 受付終了しました!

お疲れさまです!
普段こういう挨拶は書きませんが、自分が疲れているのでつい言ってしまいました(^^;)

昨日既にツイッタには投稿しましたが、
先日から告知していたシュピーゲルイラスト募集企画の受付を終了しました!



依頼する方は無事決まりました~。詳細は後日公開させて頂きます。
ご応募いただいた方々、どうもありがとうございました!今後またご縁があれば……

2017年7月3日月曜日

あなたの描く地平を見せてくれ

 最近暑いですねぇ。いよいよミリオポリス化かな?むしろ南極北極の氷が溶けて、世界統一ゲームの情勢に??ウーン、トランプさんとパリ協定のことを考えるとあながち冗談にできない。そんな風にシュピーゲルの世界が近づくのは嫌ですね (--)

 さて、これも(良い意味で)シュピーゲルの世界に近づくための試みです――昨日ツイッタには書きましたが、

(クリックで募集サイトへ)

 お仕事として依頼しますので、ギャラも払います。カラーイラスト、モノクロイラスト各1枚募集で、@15,000円を保証します!

 設定は基本的には僕の考えたものに沿って頂きますが、アイデア・提案はどんどん歓迎というスタンスでやります。作業期間は14日程度と少し短いですが、それを乗り越えて挑戦してくれる精鋭よ来たれ!!

募集画面です!


・・・・・

 企画の概要はこんな感じです。こういうことをし始めた意図も少し。

 繰り返し書いているつもりですが、僕は冲方作品が、なかでもシュピーゲルが大好きです。ありがちな言い方をしてしまえば、僕のバイブルです。シュピーゲルには挫折の中でそれでも進もう、というメッセージが詰まっていると思います。

 人生において大なり小なり挫折したことのない人はいないでしょう。もちろん僕もそうです。日々は挫折だらけ、身体は劣等感の臭いにまみれ、悔しさや不満がいつも胸のどこかに渦巻いている気がします――まだ足りない/もっと進むべきだ/その先に今よりずっと大きな幸福がある、という思いが拭えません。

 そんなに快適な毎日ではないです。いつかきっと、本当にこれ以上ないくらいの幸福な地平にたどり着いたら、辛い日々だったと思い返すようなものだと感じています。それでも、少なくとも足を止めずに進み続けている限り――僕はこの日々を/世界を/自分を、好きだと感じられると思っています。

 今のこの境地を/進む力を与えてくれたシュピーゲルを広めることで恩返しがしたい。
そして自分自身でも、シュピーゲルに並び立つような、シュピーゲルが見せてくれたような地平へ導ける物語を書きたい。そういう思いで僕は同人活動を始めました。

 創作活動をしている人は誰しもこんな思いを持っているのではないでしょうか。

 イラストという更なる手助けがあれば、僕がみなさんを連れて行きたい場所だけでなく、絵を描いてくださる方が行きたい場所にも、同時にたどり着くことができるでしょう。
 まだ見ぬ場所に降り立つ――それは誰にとってもたぐいまれなる価値を持つ経験だと思います。

 そのためにはまず絵を描いてくれるあなたに、僕があなたのイラストに価値を見出していることを知ってほしい。どれだけ身を切って、どういうものをあなたのイラストを求めているか分かってほしい。お金を払って募集しているのはそういう意図があります。

 あなたがその顔を向けている地平を、僕にも見せてほしい――そして一緒にもっとたくさんの人に、その景色を見てもらいませんか?


 募集期限は今週末までです。ご応募お待ちしております!!!

2017年7月2日日曜日

世界は大丈夫だ。

平常運転に戻すと言っておきながら一週間も空いてしまいました。ハズカシイ……。

そんなことしてる間に、ついにこの日がきてしまいましたよ。

シュピーゲル最終巻発売ですよ。



シュピーゲル最終巻発売ですよ!(くどい)

長かった/とうとう終わっ(てしまっ)た――第一声はこの言葉に尽きました。もうね、中身関係ないんですけど。とにかく出たということが重要なんです。10年追っかけてましたからね、10年。当時のうぶちんはまだまだ知名度低かったのに、今じゃ押しも押されぬ人気作家。僕なんぞのメールに返事してくれてたような人が本屋大賞受賞の直木賞ノミネートですから。

感慨がとにかくすごくて……。勢い余ってSSを書いてしまいました。(クリックで作品へ)

このSSはもう、良い気持ちしか書いてないです。正直に言って、読了直後は胸が良い気持ちでいっぱいでした。

もちろん細かいことで、ちょっと残念だな~っていう点もあるんですよ?

特甲猟兵が白露以外救われる描写もなく全滅しちゃって、誰か一人くらい生き残ったり、過去の描写があったらな、とか。
他はみんなカップル成立なのに吹雪だけ目を覚まさないとか悲しすぎィ!とか。
カール・クラウスとハンス・W・クラインの描写アッサリしすぎちゃう?とか。
日本人移民の設定とか冬真が死ぬことを“消えた”と思っちゃう設定は掘り下げないの?とか。
オイレン・スプライト各4巻のFBIとCIAはあれきり!?とか。

ま、そのへんは全部自分の二次創作で書けってことですね!
うぶちん、題材をくれてありがとう!!(マジキチスマイル)

とりあえず『シュヴェーアト』がうまくいったら、特甲猟兵の過去話をシリーズ化したい……。するぞ!

2017年6月24日土曜日

久々に ブログを書いて ことばヘン

 今日は一日『シュヴェーアト』の続きを書いていました。もう暑くてかなわんですね。夏でございます。

 僕の家はマンションなので、熱がこもってキツいんです。冬は暖かいんですが。あと家の近くに田んぼがあるので、この時期はカエルの鳴き声がうるさい!まるで催眠音波!!

 しかし、こう酷暑になると、どんどんオイレン/スプライト4巻みたいな世界に現実が近づいているような気がしますね?

 執筆の関係でダルフールの平均気温を調べていましたが、スーダンの1月は平均最高気温が36℃らしいです。(英語版wiki「エルファシル」の項より)その数字見ても、あんまり驚きませんでしたもんね。ふーんスーダンでも40℃いかないのか~みたいな。セイセイ冬だぞ、みたいな。猛暑に慣れてしまっている。

 アメリカがパリ協定を離脱してしまったらこの傾向も加速されるのでしょうか。ネットで見たのですが離脱宣言後、ドイツのメルケル首相が「欧州人はもう他国の首脳を信じられなくなった」的なことを演説したそうです。

 一国の・しかもドイツの首相にそこまで言わせる大統領のヤバさたるや。トランプさん/アメリカ国民がこの決断を後日後悔するようなことがなければいいんですけど。

 僕個人は近年の保護主義的/各国主義的な傾向はシュピーゲルで言うところの『自分の国とはいったいなんであるかを問うための新たなナショナリズム』の時期なのだと思っています。(スプライト2巻より)そういう意味では、シュピーゲルはある側面で現実を予期していたのではないでしょうか。

 イギリスがEU離脱に動いてしまったり、フランスが国内に軍を展開してしまったり、作品を裏切る悲しいことも現実になってしまいましたけれど、作品が見せてくれた良い未来を信じて生きていきたいです。

2017年6月22日木曜日

“お前は正しく夢を見ることができるか?”


――《413729231713117》――

 バシーンッ!はっ!!

 お久しぶりです!夏コミに落ちたショックでフロー状態になっていました……。ツイートもできない孤独な戦いの末、何とか時間面を進めることができましたしみじみ。
 
 ということで、告知をします!!!


「シュヴェーアトシュピーゲル」第壱章公開しました!(クリックで作品へ)



剣〈シュヴェーアト〉の幸福/矢〈ファーレ〉の失墜

本編で涼月たちを苦しめた特甲猟兵・ユング兄弟――そのうち、初出時既に亡くなっており「テスタメント2」で亡霊のような形で”復活”した末弟=剣・シンケル・ユング。
 レベル3の副作用たるフロー状態に真っ先に陥り/二人の兄にいじめ殺されるという壮絶な運命をたどった彼の人生とは何だったのか?

 第二章以降は夏コミ近辺で公開/頒布の予定!夏コミ落ちたけど!!頒布方法のめど全然たってないけど!!乞うご期待!!!


既刊絶賛販売中です!(クリックで販売ページへ)


 サークル「众」名義で発刊した既刊二作品、同人誌通販サイト「BOOTH」にて絶賛発売中です!それぞれ表示価格とは別に、送料310円がかかります。

・シュピーゲルシリーズ同人イラスト+小説本「二〇一七年、ミリオポリスで。」
(B5/本編16P)\500-

 初☆同人!


B5モノクロイラスト2枚・本編でも挿絵が無い、不遇な御影(笑)が主人公の短編小説「エアヴァクセシュピーゲル」を収録しています!

・オリジナル短編小説「アリアを憎んでいる」(B5/カラー表紙/本編36P)
\700-
 
 初☆オリジナル小説!

 
男子高校生、永屋覚徒(かくと)には憎むべき相手がいる――その名は『アリア』。
覚徒は激しいその感情を自分でも扱いかねていた。ひとに揺さぶられた心を、ひとに向けるための物語。

ーーーーーーー

 久々にブログを書いたからびっくりマーク(←エクスクラメーションと言え)を濫用してしまいました。!< やめろ…俺を濫用するな……

 今日からは平常運転に戻ります。ブログも定期更新を再開しますし、何も言わずに始めたSS=”loop”の続きもやりたいのです。あっ、サミットも行きますよ!くう~前進前進~~。しゅっしゅっしゅっしゅっ――ぼーっ!!(エンデミオン号風に)

2017年6月8日木曜日

SS--"loop" #5

 時計を見る。そろそろ戻らないといけない。

 重い腰を上げてドアを開けると、別の課の事務のおばさんが腕組して立っていた。みつほは内心ぎょっとして、会釈しながら急いでその横を通り抜けようとする。おばさんは一瞥するだけで返し、彼女を押しのけるかのような勢いでトイレに入っていった。

 ずっと待っていたのかもしれない。なんとなく嫌な気持ちになった。怒るとかではなく。これは自分のせいだから。いなくなったひとや、今この瞬間もみつほを苦しめる痛みと違って。

 急いで自分の課に向かったが、部屋にたどり着く数分前に休み時間は終わってしまった。ドアを開けると、奥に座る上司がじろりとみつほを見た。

 「二分遅刻だな」
 
 この上司はいつも、細かいミスを逐一必ず指摘してくる。怒鳴りつけたりするわけではなく、絶対に反論できない、失敗した事実を淡々と述べるのだ。気が小さいから、必ず非難できる時しか口を開かないのだろうとみつほは当て込んでいる。

 すいませんと小声で言いながら席に着く。周りの同僚は無言で既に仕事をしている。ちなみに三人だけだ。小さな会社の、管理部門の一部署。待遇には不満はないけれど、仕事中はとにかくお通夜みたいな気分にさせられた。
 
 手ではパソコンを叩きながら、心だけ宙にふらふらさせて、結婚したら辞められるかな、とぼんやり考える。夢想ばかりしている。
 
 彼はみつほに声をかけてきた時点で、既に他の女性と交際していた。その時付き合っていた人物と、今回婚約した相手が同じ人物かは知らない。聞こうとも思わなかった。だから世間的にはみつほの方が浮気相手で、彼女以外の誰かが主役なのだろう。

 悪人はみつほだ。